山の想い出

2016年6月27日 (月)

合歓の花に

Dsc_5391

♪ せせらぎに 散る花を. 惜しんでは

   そっと涙した日よ.

   あの峰へ ネム咲く小道

   ああ. 山小舎で 星の降る音ききながら.

              合歓の花に    詩:中山中夫

この季節になると、この歌を思い出します。

Dsc_5390

この葉が夜になると全て閉じる事から、

眠る。 これが語源の様です。

Dsc_5393

合歓とは、男女が共寝をする。 喜びを共にする。

中国の伝説では

夫が不機嫌な時は、合歓の花を入れたお酒を飲ませると

機嫌が直るといいます。

試してみますか? smile


にほんブログ村

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2015年6月26日 (金)

花びらがガラスの様に

Dsc_0142_2

    神秘的な美しさのサンカヨウ(山荷葉)

Dsc_0114

雪融けと共に一斉に開花する山野草、中でも清楚で無垢な感じの白い花、

サンカヨウはそんな花、花言葉は「親愛の情」です。

汚れなき、そんな花をしばしご覧下さい。

Dsc_0031

Dsc_0172

この花びら、「朝露に濡れるとガラスの様に透明になる」

透き通って見えると聞き、春から追いかけていました。

梅雨の晴れ間、露で濡れていない事も想定してペットボトルには富士山の水、

霧吹きは勿論準備、ぬかりなく早朝に家を出て、朝露が乾かないうちにと

白馬大雪渓に向かったのです

そして、見つけました!

Dsc_0027

もう散り際ではありましたが、いかがでしょう?

ガラスの様にとはいきませんが、、透き通っている様に見えますでしょうか?

時間は5時半くらいだったですが、晴天で露も少なかったと思います。

その後は、道端にも沢山のサンカヨウが咲いていましたが、すべて真っ白です。

「鳴かぬなら、鳴かせてみせようホトトギス」ということで、

ここはお試し、霧吹きで水をかけてみましたが変化はありませんでした

やはり、ゆっくりと吸収するのか、何らかの条件が整わないと無理な様ですね

昨年も同時期に来ましたが、雪が多くニリンソウばかりが目立っていました

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2015年6月19日 (金)

針の木峠から遠望

Yoake1

こんにちは

6月最終の週末には、南アルプスの北沢峠で「長衛祭」、甲斐駒ケ岳へ

記念登山が実施されますが、その翌週、白馬側の雨飾山の開山祭が行われると

いよいよ本格的な夏山シーズンとなります。


針の木小屋、小屋開きは7月1日です。

針の木峠は北アルプスのほぼ中央に位置していており、小屋の左手には

雲海に浮かぶ富士山、正面には北アルプスの象徴槍ヶ岳などの山々が

Photo_31

右手には裏銀座の山々と、そのスケールには感動です!

1434369181476

更に針の木山頂からは、後立山連邦が一望出来ます。

Photo

                              後立山連邦

今年1月、八方尾根、遠見尾根方面にバックカントリーで入山した3名ですが、

一名は14日に見つかりましたが、一昨日は残る二名が小遠見山の北斜面で発見されました。

人気のBCスキー、今年は事故が多発し、犠牲者も増えましたね。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

ルリビタキ

飯綱山南峰、標高1,909mに綺麗な瑠璃色の小鳥がいました。

  調べて見ると、名前は「ルリビタキ」

  こんな近くで見るのは初めてです。

800

                         クリックで拡大

この近くに住みついて居る様で、遠くには行きません。

飯綱神社の鳥居の周辺、行きも帰りも見る事が出来ました。

Dsc_0045_2

 つがいで居ますが、これは雄です。

Dsc_0049

この近くの岩場にはオコジョも住みついていて、

時には見る事が出来ます。

Grp_0017

  実物です。

幸福の象徴、青い鳥

   探してみれば~  

            クレヨンしんちゃんが言ってました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

小さい秋みつけた

こんにちは

残暑お見舞い申し上げますm(_ _)m

はい!

朝から暑く、日中は31℃を超えた信州です。

先日、高原に「小さな秋」を見つけました。maple

13

葉は濃い緑ですが、ナナカマドの実は真っ赤に色づいていました。

Photo

一部、フライングの葉っぱ… 

Photo_2

あなたと私・・・

12

春一番の花、イワカガミの紅葉とコケモモの実

Photo_3

ガマズミの実も

   しっかり秋を感じている様ですねnote

週末は雨の予報、

  こんな日は、またまた朝から♨です coldsweats01

                           (有給休暇?内緒です シ~~)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

アルプスの雪形

spa

こんにちは

時差のある首都圏の皆さんには こんばんはhappy01

神田川にホタル2000匹ですか!!!   じぇ!

暑い毎日ですが…

          お元気ですか?

     coldsweats02

庭のミニ薔薇が咲きました♪

Photo

           きれいですね! 

                          しかし棘はありますsmile

           movie

安曇野市の名誉市民でもあった、田淵行雄は山岳写真家ですが、

山の蝶や、アルプスの雪形を撮影したことでも良く知られています。

えっ!知らない?

  大丈夫です、普通は知りませんのでcoldsweats01

Photo_2

田淵行雄記念館(安曇野市)

http://azumino-artline.net/tabuchi/index.php

農家では雪融けによる山の模様は、農作業時期などの目安と

なっていて、これらは古くから田植えなど判断材料になっています。

長野市の山飯綱山は「種まき爺さん」が現れると、

  春の農作業の始まり、苗床の準備などを始めるそうです。

Photo

       クリックでハッキリ見えます!

北アルプスでは蝶ヶ岳の「蝶」、

Photo_2

左側ピークに「蝶」判りますでしょうか?

これは昨年の6月撮影したものです。(単に岳が好きな岳ですが?)

お隣の常念岳には「常念坊」も有名です。

白馬岳の「代かき馬」なども有名ですが、

    最も解りやすいのは五竜岳の「武田菱」。

Photo_3

五月初旬GW明けまで雪、その後ははっきりしない天候が続き

六月には梅雨入り、鹿島槍ヶ岳の雪は一気に融けてしまいました。

後立山連峰、今年はすでに雪形を見る事が出来ません。

800

クリックしても?

「駆け下る獅子」は多分確認できません…

Photo21

 

こちらは昨年の6月ですが、今年のアルプス、見た目には 

残雪が多い常念山脈、対照的に残雪が少ない後立山連峰です。

数十年前に勤務していた会社から「OB会」のご案内、

   明日から一泊二日のspaです。

  あれから30年、同期生、愛しの彼女はそのままのイメージで? 

                 アッホ~~~~♪ penguin


にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

GW 後立山連峰と子熊山

寒い!

ゴールデンウイーク後半、道路はどこも渋滞car

レストランやお土産屋さん、道の駅は車も止められません。

しかし、

こんなゆったりとしている場所もありました。

Photo

 右下に注目!     手を上げて横断歩道を渡りましょう m(_ _)m

 

Photo_2

              と言う訳で 横断中はカモシカ君でした。

他にもこんな奴が…

敵対心?

ありますよ~

去年は痛い目に遭いましたからね~

Dsc_0116

 ここは子熊山トレッキングコース

 人はと言うと?

 若い山ガールお一人とお逢いしましたheart02

 他にはほとんどお逢いしません! 隠れた穴場なのでしょうか?

 ここには人が見えます。

800
                     左側、上部     クリックで確認!

爺ヶ岳南方に向かう4人パーティー、

         巨大な雪庇もみえています。

Photo_4

             中心部に雪崩た痕が見えます。(クリック!)



こちらは鹿島槍ヶ岳北方、

GWと言うのに、一向に融けない雪はこれから

    気温が上がると一斉に落ちるでしょう。

ここは残雪の頃ですので花の季節はもう少し先

桜がようやく咲き始め、山は春色に染まります。

6402_2

       山にあるので山桜?

Photo_6

里ではようやく菜の花が開花しました。

にほんブログ村 ↑ポチッとm(_ _)m

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

東鎌尾根今昔

こんにちは

朝晩は過ごし易くなってきた信州です。

しかし、日中の最高気温は、連日30度を超えています。

昨夜のNHK、槍ヶ岳登頂の番組はご覧になられましたでしょうか?

残念ながら中部7県との事で、関東では放送されなかったのですね。。

岳がアルプス病で山歩きをしていた頃、やはり一番人気は

     「表銀座コース」

燕岳から大天井岳を抜けて、東鎌尾根から槍ヶ岳へのルートです。

11

いつからか判りませんが、今は「新表銀座コース」とか言いまして

(誰が言ったかは判りませんが)

大天井岳から常念山脈に抜け、常念岳に縦走する方が殆どの様です。

東鎌尾根縦走コースは危険ですが、西鎌尾根はもっと危険なので

自分の技量、体力に合わせた山歩きをお勧めします。

さて、次回のやっほー日本アルプスは、

必見!

 TJAR

激走! 日本アルプス大縦断

 ~トランス・ジャパン・アルプス・レース~

2012年9月21日(金)午後7:30~8:43 総合  [中部7県・長野県向け]

  今までと、

   時間が変更になっていますよ~♪

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村    クリックをお願いします m(_ _)m


人気ブログランキングへ

m(_ _)m

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

針ノ木岳 

おはようございます。

針ノ木岳、

岳の好きな山、ベスト3に入ます。

   マヤクボ沢を登り、ハイマツの中

   小屋からの迎えがなかったら・・・(間違いなく遭難?)

          若かりし頃の想い出です。

Photo_3

   山頂直下、連休に150mもの滑落した登山者がいたと聞き、

      いかに残雪が多いか想像できます。

      例年、山頂下で雪渓のトラバースはありますが


tv

昨日の朝、有働さんが、

NHKの番組で「富士登山」に異変と伝えていました。

それによりますと、

登山者の

なんと半分以上が山ガールなんだそうで!

   異常!事態?

(/ ^^)/

沢山の方にお訪ねいただいている

 岳ブログ 「見上げたもんだよ」ですが、

  今年のページ別アクセスには異常(特徴)がありました

  2012年4月1日(日) ~ 2012年7月17日(火)

     夏山シーズンに至るまでの3ヶ月程の期間

     「ページ別アクセス数」です。

Photo

               クリックして見てねhappy01

特に顕著であったページは「針ノ木岳」関連、100日ほどで

     1,500名、1,900回のクリックとなっています。

Photo_2

   クリックで白馬までーーー   GO!

針ノ木岳登山の注意点は、

①雪渓での落石に注意

②キリの時、マヤクボ沢への迷いの注意(特に)

③トラバス時の滑落

今後も参考になるページをお届けすべく、

内容も写真もグレードアップしたいと思いますので、

よろしくお願いします。m(_ _)m

クリックもね~happy01

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

山でスマートキーが遭難

こんにちは

先日「飯綱山登山」での出来事ですが・・

岳は無事帰還したのですが、愛馬「ガクガク号」動かず!

そうなんです。

     「スマートキーが遭難」!!

Sh3801800003

   そこの あなた 知りませんか?

        尻ませ~~ん happy02

春の恵みにつられて、山中を彷徨った時に、車のキーを

大切にアウターのチャック付きポケットに入れていて、

そのアウターが行方不明。。

bomb

土曜日でもあり、救助を依頼したい方は「皆さんお仕事。」

携帯は車内でお休み、近くのゴルフ場までトボトボと歩き

今は、公衆電話はありませんので、事務の電話を拝借。

ハローページにある会社へ電話をしたのでした。

待つ事、数時間(´△`)Zzzz・・・。o○

片道一時間の登山道まで迎えに来ていただき、

自宅まで搬送。

再度スペアキーを持ってUターン、

    違う人に送ってもらう。。。

いやぁ~

お礼にはビール券、ケーキ。

更にスペアキー代が2万数千円・・

散財しました~coldsweats02

今年は

妙高もまだ雪が多いな~

Photo

遭難にも、事故にも

   落し物にも気をつけましょう!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧