山歩き

2016年10月15日 (土)

遠見尾根に紅葉を見た

Dsc_6009

                               大遠見からの五竜岳

諦めていた紅葉、流石に森林限界に近いところでは遅かったです。

ダケカンバはすべて葉を落とし、白い幹だけになっていましたが、

真っ赤なナナカマドの実、黄色や緑色に覆われた山腹は雪にも負けず

毎年訪れる岳を待っていてくれました。

Dsc_6015_2

小遠見山の山頂に近い登山道からは、見事な紅葉が見る事が出来ました。

ゴンドラ駅に降りると、既にリフトの営業は終了していて、植物園から直登、

見上げるときれいな色に染まっていました。

Dsc_5989

リフト最上地点から五竜岳、ワクワクします。

Dsc_6004

見返りの平から地蔵の頭方面、かなり散ってはいますがキレイです。

Dsc_5991

やはり、絵になります。

Dsc_6003

八方尾根越しに白馬三山、こちらも紅葉は終わっていますね。

Dsc_5999

木の間から見えた白馬槍ヶ岳、雪の様に白い姿です。

Dsc_6009_2

尾根に出ると、こんな景色がつづきます。

Dsc_6017

山頂にはおけさ柿!

ある訳がありません。m(__)m

目指したのは五竜でしたが、やはり足に違和感?

大遠見山の先で引き返しました。

本当に久しぶり、今秋一番の晴れでした。

足も腫れました。weep


にほんブログ村


登山 ブログランキングへ

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

初秋の虫倉山

Dsc_5911

雲間から顔を見せた鹿島槍ヶ岳

今夏初めて? 

7月初旬に一度だけ見えた事が有りました。

Dsc_5925

二年前の地震による山頂の崩壊、今でも麓からも確認出来る程です。

久しぶりの秋らしい空に誘われて、しばらく休んでいた山歩き再開は

紅葉の山に行きたい。

そんな想いに駆られての鍛錬です。

Dsc_5915

稲の刈り入れも終わった山間の棚田

Dsc_5916

不動滝登山口へ

1474969461093

雨続きで水量も多いですが、透明な清流です

1474969323990

この清流に棲むサンショウウオ。

大きさは1.5~2センチ位です

1474969635605_2

三、捕ったり、のんだりしないで下さい!!

(昔から精が付くと言われています)

1474969750632

涸沢は今週がピークだそうですが、

 里山は未だ秋の気配と言った感じです。


にほんブログ村


登山 ブログランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

初秋は四阿山から

Dscf0330

今年の山のお天気を象徴する様な映像です。

撤退は覚悟、雨は降らないだろうと四阿山へ

Dscf0268

                         アサマブドウ(クロマメノキ)

Dsc_0048_2

若さ、それだけで絵になります。

Ca390380

得意のへろへろhappy01

  なんとか登頂。。。

昨年の6月、白馬大雪渓からの帰りに、不注意から転倒し脛を強打

その時は内出血し驚くほど腫れたのですが、時間と共に腫れは引いた。

しかし、その後痛みはひかず病院を転々したが、最終的に日赤でCT検査

その結果、筋肉内に出血していて治癒には一年ほど要すると言われた。



あれから一年

未だに痺れ、腫れがあって完治はしていない。

その後も里山はボチボチ歩いていて、9月には小遠見山や四阿山

今年に入って、2月浅間山(黒斑山)、3月には虫倉山、高尾山、飯綱山

その後は若穂太郎山、中西山、一夜山など、結構歩いていたのですが、

ここに来て腫れと痺れが再発していて、夏も遠見尾根や赤石山では

残念ながら途中撤退、しばらく山に足が向きませんでした。

山が燃える紅葉の季節、

   心が揺すられています。


にほんブログ村


登山 ブログランキングへ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年7月21日 (木)

猛暑を避けて山に行ったが・・・

Dsc_5586

天気が良くて、人が少なく、快適な山歩きがしたい。

出来ればアルプスなら、夕焼けや日の出を見たいものだ。

そんな旨い話は中々無い

体力も根性もほとんど無い事を承知しながら、そんな事を考えている。

里は晴れて暑い!

しかし、この梅雨の時期の山は、濃い霧に覆われて視界も無く

気温も低いのに蒸し暑い・・・

それでも下界よりはいいだろう?

Dsc_5576_2

などと雲の中へ突入

翌日は晴れる事も予測されたので、テントも背負って目指したのは

小遠見山から遠見尾根を経て五竜岳だった。

アルプス平は晴れていて、広いゲレンデ一体がお花畑と化していました。

Dsc_5620

植物園の花を眺めながら、ゲレンデを直登

Dsc_5559

女王 コマクサ

Dsc_5619

エーデルワイス(ハッポウウスユキソウ)

Dsc_5544

天使のロウソクと言われる、「プリムラ・ヴィアリー」

ヒマラヤのサクラソウの仲間だと言う事です。

Dsc_5565

美しい日本の華

Dsc_5573

コオニユリがキレイでした。

左上の黒い点、ゴミでは無く蝶のペア♡

Dsc_5572

                                          コオニユリ

Dsc_5578

天国への階段がつづきます・・・

サウナ状態、気温は10度くらいですが汗が滴り落ちます。

稜線に出るとほとんど視界がありません。

Dsc_5588

カメラのフォーカスも合わず、霧で濡れますのでザックに収納

Dsc_5584

少し気の早いナナカマド、フライングですね~

この後、小遠見山の手前で足に違和感。。。

少し休んで見ましたが、無理は禁物と判断して下山する事にしました。

里は暑いだろうな・・・

山の花に慰められながら、ゆっくりした時間を過ごしました。

Dsc_5571

Dsc_5581

Dsc_5609

Dsc_5627

帰宅してビックリポン!

爽やかな風で過ごし易いじゃまいか!?


にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

志賀高原の里山

Dsc_5488_2

石楠花が待っていてくれました。

志賀高原のホテルのブログによると、ヤナギランが開花した!

そんな情報がありました。

例年は8月中旬なのですが、今年はすべてが前倒しですね。

Dsc_5439

期待していた上の小池、この奥に素晴らしい景色を映す池があるのですが、

今年の雪不足の影響でしょうか? 水がありませんでした!



涸沢の水不足も深刻で、今からタンクに水を蓄えているそうですが、

それでも不足すれば、上高地からヘリで空輸する。そんなニュースがありました。

白馬五竜の植物園に咲く、「ヒマラヤの碧いケシ」も魅力でしたが、

アルプス方面は雲がかかるだろう?そんな予測で志賀高原へ

目指すは赤石岳でした。

Dsc_5448

やはり北アルプスは終日雲の中でしたね

雲の上に頭だけ見えていました。

Dsc_5452

ニッコウキスゲが咲いています。

Dsc_5457

未明まで雨だったため、水滴が綺麗でした。

Dsc_5458

Dsc_5467

四十八池に到着、気温9度

Dsc_5475

                                            裏志賀山

Dsc_5480

Dsc_5473

水も滴る「ワタスゲ」

ここから右手の登山道をいきます。

が! 殆んど急な木段で、両サイドの笹が刈り払われていましたが

登山道に覆いかぶさり、更にその下は水たまり・・・

靴はドロドロで心が折れそうです。

11

急遽、行先変更

鉢山経由で横手山に向かいました。

Dsc_5485

展望の無い鉢山山頂   

水たまりを歩き、更には堆積された木の葉に登山靴が潜りドロドロbearing

横手山に行っても、なが~い車道歩きになる?

Uターン、撤退です。

1468135735095

8時53分、四十八池 気温11.9度  標高1840m

Dsc_5506

ヤナギランはこれからの様ですよ happy01

お土産を買って帰ります。

1468115936940

ほとんど百均!


にほんブログ村

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

一夜山 鬼女が出るか、それとも熊か

Dsc_5248

戸隠、西岳連峰の外れにある一夜山は鬼女紅葉の伝説の舞台です。

自宅から約一時間、鬼無里支所から戸隠方面に向かい、左折して

狭い山道に入ると、突然現れたのは狐!

昨年、猿倉荘から白馬大雪渓に行ったのもこの時期でした。

その時も人家の近くで出会ったキツネ・・・

下山中、苔むした石に乗って転倒、カメラは破損し、足の怪我は未だ完治しない。

気を引き締めて行こう。。。

  ギャ~~ッ ! (私の声ではなくサルの声)

その時、今度は猿軍団!

Dsc_5251

登山口の駐車場にはこの看板

誰もいません・・・

Dsc_5256

クマ鈴を鳴らしながら

Dsc_5268

到着!

気温は12℃、寒い位でした。

Dsc_5264

例年ワラビの旬は7月ですが、今年はもう葉が開いていました。

Dsc_5275

一面が緑に覆われる中、白く花の様に見える、これは?

Dsc_5254

マタタビの葉なんです。

あの猫が悶絶するマタタビ

晴れそうもありませんので帰りましょう。

Dsc_5288

家に帰ったら ザックの中に あれ!happy01


にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

中西山は素晴らしい里山だった

1464746292030

                    ムラサキヤシオツツジ(花言葉は優美・貴婦人)

ハッとする様な色ですね!

Dsc_5009

レンゲツツジも華やかです。

登山口から、新緑のブナ林の中の登山道を進みます。

1464746410211

Dsc_5029_3

大木が日光を遮ってくれ、快適な環境でした。

1464764031945

登山道を塞ぐブナの倒木、潜ったり、乗越えたり

登りにかかる頃から無風、汗が滴り落ちました。

水分補給しながら、山野草を眺めながら歩を進めます。

お逢いしたかった、サンカヨウやシラネアオイは既に終わっていて、

ムラサキヤシオツツジが沢山咲いていました。

Dsc_5043

1464746180080

葉の上に散って落ちたガマズミの花が面白いですね。

ガマズミの花言葉は「私を無視しないで」と! smile

Dsc_5030_2

登り切ると堂津岳との分岐、ここからは稜線歩きといった道です。

1464746097839

左側、堂津岳の後方は焼山、火打の山々

1464746152904

                                ツバメオモト

Dsc_5034

中西山1,740mの山頂です。

Dsc_5050

イワカガミの群落がありました。

イワカガミの花は下向き、コイワカガミは横といいます。

Dsc_5056

東山方面に進むと、白馬連峰がみえました。

登山口から約2時間、下山は1時間30分でした。

1464772272458

摂取した水分は1.5リットル、それでも体重1.5キロダウン!

やった~!

今度こそこのペースを維持するぞ。

新たな決意でbeerbeer 美味しい事! happy01


にほんブログ村

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2016年5月31日 (火)

中西山

Dsc_5024

登山口は奥裾花自然園

自宅から車を飛ばし一時間半、戸隠連峰の裏側になり、

ほとんど樹海の様な山の中に、日本一の水芭蕉の群落があります。

その入口からの登山道は、高さ30メートルと言われるブナの森、

併せて栃の木、これも30メートル!

Dsc_5022_2

その中が登山道です。

その大木には

Dsc_5020

嫁の爪痕です!   怖!

訂正、クマの爪痕です。m(__)m


にほんブログ村

| | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

焼山が噴火、飯縄山から見る。

Dsc_4765

                                       噴煙を上げる焼山


ゴールデンウイークも最後の日曜日、5月8日は浅間山などの山開きです。

天邪鬼の私は混雑を避けて反対方向へ向かいました。

水芭蕉咲く飯綱高原から飯縄山です。


今年は飯綱大権現の支社、東京の高尾山にも行って来ましたので、

ご報告に m(__)m   ←  ウソにきまってる? 

   あたり!happy01

Dsc_4733_2


二日前に噴火した新潟県境の焼山を見てみたい。 

本県には少ない「アカヤシオ」を見る。

デトックス効果を狙い、山菜採り。

以上、トリプル目標です。


駐車場には車1台。 やった!

ただ早かっただけで、帰りには30台以上になっていました。

駐車場の登山口を5時半スタート

Dsc_4746

「オオカメノキ」 開花はもう少し先の様です。

Dsc_4740_2

二ヶ所ほど咲いているイワカガミの群落がありました。

途中、振り返るとアルプスが一直線です

Dsc_4757

                                          クリック!

山頂着8時前。 ハヤッ!

Dsc_4780

山頂の斜めった標識が新しくなっていました。

Dsc_4733

春先にしては展望も良く、槍ヶ岳は子槍まで見えました。

Dsc_4789

桜はこれからですね。。。

下山時、標高1300mくらいで登山道から外れて山菜狩り

すると、アカヤシオが!

Dsc_4798

まだ満開とは行きませんが、見る事が出来ました。

Dsc_4800

シロヤシオ(別名 ゴヨウツツジ)は無かったです。

愛子さまのお印といいますね。

Dsc_0120

栃木の道の駅で売られたコシアブラ、セシウムが基準値の22倍とか!

すぐに問題は無いと言いますが、食べた人はショックでしょうね?

一昨年この山で3倍と言われて廃棄しました。

1462786284664 

1462786310963

メニューは天婦羅とコシアブラご飯です。


にほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2016年4月15日 (金)

若穂太郎山 登山道が!

Photo

柳の萌木色が目立ってきました。

この色は日本の色、伝統の色、和色ともいわれます。


市民に人気の若穂太郎山ですが、標高は996.9mですが、

登山口からは標高差650メートル以上あり、中々手強い山なんです。

毎年雪のある時期に登っていたのですが、今年は今頃になってしまいました。

目的は「鍛練」です。

1460544443227

登山口は桜吹雪でした。

Dsc_4081

足元でも精一杯の主張

Dsc_40857jpg

ヤマブキが綺麗でした。
登山道が整備されていて、道端の細い木が切られて歩きやすくなっていて、

更には間伐によって視界も良くなっています。

ただ一か所、岩の尾根を直登する道が出来ていました。

1460528340670_1

毎年登っていますが、ここは迂回ルートになっていたところ、
その道も中々険しいのですが、トラロープと木に掴まれば問題ありません。
半数以上の登山者は、こちらの尾根ルートを選択すると思われますが、
かなり危険ですね・・・
事故が起きない事を願うばかりです。

1460544490484

少しサボっていたので、この辺りでもうヘロヘロ。。

Dsc_4089

名物のこしき岩
直径が6m以上はあるでしょうね・・・
時々この上にカモシカが上がっています。

Photo_14  

ね!

1460544319052_1

イノシシさんが泥浴びをする「ヌタ場」、
深さ一m、畳3枚くらい!

 健在でした。

1460544288204

山ガールにも遭遇しました。


山頂からの展望、春霞でアルプスも見えませんので、
早々に下山します。

Dsc_4100

高い所に行くと株も高いのです! happy01
             797円で売却した事は内緒です。m(__)m


にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧