« 高速道路が定額で乗り放題になりました | トップページ | 今年は熊に注意! »

2016年5月23日 (月)

山においでよ

山においでよ
絶対笑顔になれるから
登ってみたらもっといい
頂上に行かなくても問題なし
ご存じない?

Dsc_0125

「みんなの山」、島崎三歩は山そのものだと思います。
山で事故が起きるのは自己責任。たとえグループで山に入っても
パートナーを犠牲にしても生き残らなければいけない
そんな山の厳しさが鮮明に書かれている漫画です。

Detailimg_02_0298_0321_2

長野県の
HP 島崎三歩の「山岳通信」 もご覧ください。

山岳国・信州

山の日が初めて国民の祝日となる今年は、特に注目されています、
しかし、今年のGW、山岳事故の多発は
「とんでもない勘違い」をした人が殆んどだと言います。
スニーカーで冬山へ、それも穂高へ!
装備もせずに雪山に行って動けなくなった・・・  などなど
長野県の年間登山者数は約74万人(2013年長野県警、山岳遭難統計より)
中高年の健康志向や山ガールの流行などで、登山者は増え続けています。

等身大の登山計画、万全の装備で山を楽しみましょう。
私の様に見上げる岳でもいいですよ! happy01


にほんブログ村

|

« 高速道路が定額で乗り放題になりました | トップページ | 今年は熊に注意! »

信州発」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さん、こんにちは

楽しい山歩きが続いている様ですね。
最近は遠征も多い様で、益々パワーアップ!
私はカルチャーが多くて中々行けていません。

投稿: 岳 | 2016年5月25日 (水) 14時34分

こんばんは♪
>等身大の登山計画、万全の装備で山を楽しみましょう
はぁーぃ。
楽しい山歩きをするために、そのように致します。
岳さん流の山を見上げる楽しみも知っていますよぅ~lovely

投稿: tuba姐 | 2016年5月24日 (火) 23時03分

風花さん、こんばんは

漫画の世界で書くなら、日本人としての選択は友情として救助。
これを最優先するのでしょうが、作者はあえて厳しさを選択
これも山岳漫画としては魅力なのでしょうか?
現実的にはパートナーを犠牲に出来る日本人、少なくとも
山を愛する登山者には皆無だと思います。


投稿: 岳 | 2016年5月24日 (火) 19時54分

おキヨさん、こんばんは

登山者人口がこの様に増えている事を初めて知りました。
確率から言えば事故も増えるでしょうね?
交通事故を比較にする人がいますが、車の運転には
免許証が要りますので、その辺りが大きな違いですね。

投稿: 岳 | 2016年5月24日 (火) 19時39分

マインさん、こんばんは

漫画の世界では厳しい事も書いていますが、山を愛する
仲間との山行でそんな場面に遭遇する事は皆無かも知れません。
経験者にとって撤退は当然の判断ですが、慣れない人の判断は
せっかく来たのだから・・・ これが最優先の様です。

投稿: 岳 | 2016年5月24日 (火) 19時33分

マ―チャン、こんばんは

登る山によって装備は違いますが、北海道の山は特に奥深く、
過去にも事故が起きていますのでそれなりの装備になったと思います。
山岳ガイドも2日間で費用は5万円位になりますので、若い人には
ハードルが高いですね。

投稿: 岳 | 2016年5月24日 (火) 19時27分

ヒマラヤなどで極限のシビアアクシデントに見舞われた場合、何よりも自分の命を守ることが最優先しますね。
登山ルートの傍らに息絶える寸前の人がいても、放置しておくしかない場面も珍しくないようです。
反面、日本の登山史上にはあえてパートナーと死を共にした崇高な行為の例もあります。
「サイゴマデ タタカフモイノチ 友ノ辺ニ スツルモイノチ 共ニユク」 
これは日本最高の登山家とも評価されている松濤 明という登山家が、厳冬期の北鎌尾根で遭難死したとき、手帳に書き残した手記の一部です。
自分一人なら生還できる可能性があったとしても、彼はその道は選択しませんでした。
どうすればよかったのかの解はありませんが、松濤には「友の傍で果てる」という選択しかなかったのでしょうね。
松濤 明については井上 靖や新田 次郎が作品の中でモデルにしています。

投稿: 風花爺さん | 2016年5月24日 (火) 16時50分

登山ブーム、これからも遭難者は増え続けるかもしれませんね。
登山の技術も考えずに登り歩き出したら頂上に行きつくまでやめない、という
人もいるのでしょうね。

下から見上げても山は楽しめる私good

投稿: おキヨ | 2016年5月24日 (火) 12時25分

パートナーを犠牲にしても生き残る!
そんな場面にならないようにしたいもです。
自己責任と言えど、一緒に入た人もかなりの責任を
感じると思います。
安心、安全、無理は禁物、
勇気ある撤退も必要ですね。

投稿: マイン | 2016年5月24日 (火) 10時32分

百名山の番組を見て・・・夫と話した事。
「装備が凄い!!!。あのぐらいしてから登山しないといけないんだね~。」
私たちは少し考えないと!!!。 山に行くときは山岳ガイドさんと行きたいね。」
なんて 話しておりました。

投稿: マーチャン | 2016年5月24日 (火) 09時25分

マイペースさん、おはようございます

小栗旬、長沢まさみ最高の笑顔でしたよね!
昨日の百名山はトムラウシでした。
数年前山岳遭難があって有名になりましたが、
北海道の大雪山系には魅力の山がいっぱいあります。


投稿: 岳 | 2016年5月24日 (火) 06時51分

こんばんは
三歩さんは小栗旬さんが映画で演じていましたね
「よく頑張った」はとても深い言葉に感じます。

今日の「日本百名山」を観ても感じたことは山岳ガイドさんの装備のすごさです。
本来はこうあるべきなんだろうと思いながら観ていました。
天候が急変した場合の対処や体温を保つための小物などアドバイスのコーナーは夫も感心していました。

登れない私は見上げる岳でいいでっす(^_^;)

投稿: マイペース | 2016年5月23日 (月) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566561/63560421

この記事へのトラックバック一覧です: 山においでよ:

« 高速道路が定額で乗り放題になりました | トップページ | 今年は熊に注意! »