« 若穂太郎山 登山道が! | トップページ | 蛙の面に水     »

2016年4月17日 (日)

信州の春

大変な災害になりました。

地震列島日本、明日は我が身なのかも・・・

無為無能の身ながら、一日も早い終息、復興を祈るばかりです。

桃の花が咲くころ、菜の花も咲いて、

北アルプスの雪解けが始まり、雪形が見えてきます。

Dsc_4136

                                        クリック!
萌木色の柳の芽ぶき、柳の色にはこころ奪われます。
そしてバックには北アルプス後立山連邦

Dsc_4129

濃い色のピンク、桃が咲き

Dsc_4130

白い花は梨、でもこれはプルーンなんですよ。

Dsc_4126

緑に黄色い花は菜の花

信州の春は日一日と進んでいきます。


にほんブログ村

|

« 若穂太郎山 登山道が! | トップページ | 蛙の面に水     »

信州発」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さん、こんばんは

新潟地震は私も記憶にあります。
新潟にいた時には、何回か震災の写真展を見ていますし、
地震に遭遇したこともあります。 揺れ方がすごいですね!

投稿: 岳 | 2016年4月22日 (金) 19時10分

信州の春は美しいですねぇ~♪
真っ白な残雪の北アをバックにピンクの桃の花は映えますねぇ🌸
プルーンの花は初めて見ましたが、白なんですね🌼
春を感じさせてくれるのが、順主役(?)の菜の花の香り・・・。
イイ眺めだわぁ~

ちびっ子のころ新潟地震を経験しました。
怖かった記憶は消えません。
たくさんの支援物資もいただきました。
今、出来ることをしなければ!

投稿: tuba姐 | 2016年4月18日 (月) 19時54分

おキヨさん、こんにちは

未だにボランティアも入れない程の状況があるとは言え、
現状把握が出来ないのは問題です。食糧も手に入らない。
被災者には最悪と言わざるを得ませんね。今回はクロネコなど、
民間も依頼したと言いますが、寸断されている交通網では
ヘリに頼るなど、采配を振るう本拠を最初にと私見ですが・・・
昨日の暴風雨で桜も散り、スギの花粉もなりを潜めそうです。

投稿: 岳 | 2016年4月18日 (月) 16時56分

風花さん、こんにちは

新潟、阪神、東北と、直近に震災を経験していながら、
食料さえ届かない現状に、もどかしさを感じています。
富山側から見て立山の後ろは理解できますが、何故富山側から
見るのかについては、その昔の山岳信仰で立山は有名ですが、
後立山連邦の山々は、殆ど信仰の歴史に残っていないからなのか?
そんな事を考えた事がありました。

投稿: 岳 | 2016年4月18日 (月) 16時43分

熊本の災害を思うと、同じ島国に暮らす一人として胸が痛みますね。
ひび割れる断層をテレビで見せられると同じ災害がいつ自分の身に降りかかっても
おかしくないという思いに駆られます。

ここでしばし美しい信州の風景を楽しみましょう。。。
プルーンの花可憐ですね♪

投稿: おキヨ | 2016年4月18日 (月) 11時28分

小松左京さんは全国に走る無数の活断層図を見て「これじゃわれわれは『ひび焼き』の陶器の上に住んでいるようなこのじゃないか」と慄然とされたようです。
確かに日本列島は脆弱で阪神淡路、中越、東日本、信越、北信そして今度の熊本で起きたことが明日、自分を襲っても不思議でない国で365日を暮らしているのですね。
被災者の身の上に思いを馳せながら、明日はわが身の覚悟を忘れてはなりません。
ところで私はかねがね疑念に持っていることがあります。
なぜ「後立山連峰」なのか?
今では何の疑問を当たり前に使われていますが、確かに白馬から爺ヶ岳に至る山脈は富山側からは後ろになりますが、
信州側から見ればて立山連峰の前に位置しています。
越中と信州の交流がなかった時代にはこの山脈には土地の人による本来の呼称があったのではないでしょうか。
糸魚川沿い集落では白馬辺りは単に「東山」と総称されていたそうですね。
今日「後立山連峰」は完全に定着していますから仕方ないですが、私個人としては「後立山」というような没個性的なものでなく、たとえば「鹿島槍連峰」のような呼称があったらこの魅力に溢れた山脈が一段と光彩を放つだろうと思います。
百瀬慎太郎さんあたりがこの点の考察をしていないか調べてみようとは思っています。
長くなりました。

投稿: 風花爺さん | 2016年4月18日 (月) 11時27分

安曇野さん、こんばんは

身内がいらっしゃるとの事、ご心配ですね。
私の子供の嫁さんは長崎ですが、影響は少ない様で安心しました。
東京でも直下型地震など、とりだたされていますが、地震列島の日本
何時どこで起きても不思議ではありませんね。出来る範囲で対応する
それ以外には無いのでしょうね?

投稿: 岳 | 2016年4月17日 (日) 21時56分

岳さん、こんばんは。

今回の地震は収まる気配がなく湯布院の方に
移動しているようですね。

地震発生時身内がいる九州に安否の電話を入れましたが
ただ今混んでいますので暫くして・・・・のメッセージ
揺れは起きているが被害も無く取り合えず無事と返事でした。

信州の景色のように自然体で進むしかないですね。

投稿: 安曇野 | 2016年4月17日 (日) 20時38分

nobunagaE.T さん、こんばんは

山ばっかりの信州ですが、毎日見ていても感動があります。
理由は単純、山を見て育ったからだと思います。
自然の色が、自然のままにあるんですよ。

投稿: 岳 | 2016年4月17日 (日) 20時22分

信州の春にはあこがれます。雪山をバックに春の色とりどりの花々、残念ながらまだ一度も写したことがありません。是非行ってみたいと思ってるのですが・・・。

投稿: nobunagaE.T | 2016年4月17日 (日) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566561/63490264

この記事へのトラックバック一覧です: 信州の春:

« 若穂太郎山 登山道が! | トップページ | 蛙の面に水     »