« 大寒はいつ? | トップページ | 奇祭 御柱祭 »

2016年1月24日 (日)

「山の日」 全国大会

青トレってご存知ですか?

今年も大学駅伝で優勝した青山学院。

その秘訣は「青トレ」だと監督が話されています。

体幹と肩回し、これだけですが、肩こり解消にも効果があるそうです。

太極拳と一緒ですね~ happy01

Dsc_01241

今年から制定される「山の日」、祝日が一日増えて17日になります。

8月11日、それを記念して全国大会が上高地で開催されます。

その頃には上高地トンネルも開通の予定ですよ。

長野県はその84%を山地が占めており、山の恵みを受けながら、

山と共に暮らしています。

「信州山の日」は別に制定されていて、7月の第4日曜日になっています。

これは貴重な財産である「信州の山」に感謝し、守り、育てようと、制定されたものです。

私たちが育って来た過程で、学校の校歌に山が歌われていました。

県立歴史館が山の日制定の際調査した「校歌に歌われている山のランキング」では、

山の名で無く「アルプス」が断然多く、84校となっています。

山名では、浅間山57校、八ヶ岳49校、駒ケ岳47校、以下

飯縄山、赤石岳、烏帽子岳、高社山、五岳(北信五岳)となっていて、

その他にも沢山の山が歌われています。

大寒を過ぎて、厳寒は今日から明日がピークとなりそうです。

春が待たれます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 大寒はいつ? | トップページ | 奇祭 御柱祭 »

信州発」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さん、こんばんは

冬の一番人気「八ヶ岳」遠征ですか!
私にはその様な体力はありません。m(__)m
新潟では下道に降りて朝帰り。そんなケースは多いですよね。
凍った道路で、次々とぶつかる事故も目撃しています。
無事で何よりです。


投稿: 岳 | 2016年1月25日 (月) 21時12分

23・24日と「校歌に歌われている山のランキング」49校の山に行って来ました。
行けるところまで行って山頂にしてきましたが、帰路が最悪sweat02
上越高田ICから一般道を走って家に帰ったのが今日の日付になってました。
真冬の信州の山に、外国の方が多いのにはビックリしました。
山の日、有効に活用させていただきますよぅーヽ(´▽`)/
アタシは、毎日が山の日かなbleah

投稿: tuba姐 | 2016年1月25日 (月) 15時43分

マイペースさん、こんばんは

厳寒、この時期にはいつも放浪、徘徊の山が多いのですが、
今年は気持ちが後ろ向きです。最近は介護に振り回される日々、
来週には一区切りつきそうですが、人生には様々な試練が待ち受けています。


投稿: 岳 | 2016年1月24日 (日) 18時58分

おキヨさん、こんばんは

偉人が多いのかは知りませんが、訪ねて来られる人や
移住される方が多いのは事実です。日本の原風景である
田舎、そこに暮らすには厳しさの反面、安らぎがある。
そんな気がしています。

投稿: 岳 | 2016年1月24日 (日) 18時54分

風花さん、こんばんは

日本酒にはかなり拘りがありますが、やはり水と皆さん言われますね。
山歩きをしていて、雪渓に流れ込む水は間違いなく美味しいです!
基本的には軟水と硬水、そしてその温度かと思っていますが、蕎麦も
同じ、様々な条件によって見事に変化する? 思い込みですが・・・

投稿: 岳 | 2016年1月24日 (日) 18時49分

こんにちは、
(O_o)WAO!!!ブログの表紙が変わりましたね!迫力あるう
青トレって確か箱根駅伝で優勝した後テレビで訓練風景を見たことがあります。
隠れた努力が成果につながってるんですね(*^-゜)v
山の恵みを受けながら山と共に暮らす、、、まさに岳さんの生活そのものですね(*^_^*)
大寒過ぎて厳寒へ、、ほんとに今日も寒さが老骨に堪えます(´;ω;`)ウッ…

投稿: マイペース | 2016年1月24日 (日) 17時04分

日本の名山の多い長野県の校歌にはその地にそびえる山が謳われるというのは容易に想像できます。
因みに私が卒業した小学校の校歌にも山が出てきますが、もちろん地元以外では誰も知りません(^_^;)
誰もが知っている名山を校歌に歌える子供たちは誇らしいでしょう。
長野出身の偉人が多いのは無関係ではないかもしれませんね。

投稿: おキヨ | 2016年1月24日 (日) 13時06分

先日届いた日本山岳会の会報「山」1月号に「賀茂泉酒造」の蔵主さんが、おいしい酒造りにとって山の水がいかに重要な役割を果たしているかについて書いています。
別に目新しいことではありませんが、美味しいお酒にありついたときは、山の恵に改めて感謝しなければならないでしょうね。
「山の日」に「山を考える」その視点は人によって異なるでしょうが、深い畏敬の念を忘れずに山の日を迎えたいものですね。

投稿: 風花爺さん | 2016年1月24日 (日) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566561/63002381

この記事へのトラックバック一覧です: 「山の日」 全国大会:

« 大寒はいつ? | トップページ | 奇祭 御柱祭 »