« 美ヶ原 焼山沢から | トップページ | 登山体力を知る »

2015年9月15日 (火)

知られざる滝 焼山滝

Dsc_0096

焼山滝、雌滝です。

日本の美しい滝百選、信州の滝百選にも選ばれない、

でも美しいんですよ! lovely

美ヶ原高原の北側、上田市武石(旧武石村)から美ヶ原に至る登山道があります。

標高1,000メートルの巣粟渓谷から、2,034メートルの頂、美ヶ原王ヶ頭まで続き

途中の標高1,520mの焼山滝がほぼ中間点です。

雌滝は実に美しいです!

Dsc_0012_2

巣粟渓谷の登山口

鬱蒼とした林の中、周囲は殆んどがシダとコケに覆われていました。

1442102616796

そして登山道は幾度か沢を渡ります。

1442102758247

数日前からの豪雨で水量が多く、渡る石は埋まっていました。

他のルートを探すも、浮き石の危険もあるので正攻法で濡れましょう。

1442102714292

  登山道?  沢登りの方には歩きやすいでしょう…

Dsc_0101

焼山滝、雄滝は凄いパワーです。

ここからが正念場でした。

斜度もきつく ガクガク、ヘロヘロ・・・

放心状態で到着しました。

Dsc_0053

360度の展望、富士山、南アルプス、乗鞍、木曽御岳山、常念山脈越しに槍、

穂高連峰。更に後立山連邦、白馬連峰、北信五岳、雲海越しには根子岳と四阿山

Dsc_0027

                                                                            槍ヶ岳、手前は常念岳

Dsc_0028

                                  穂高連峰    

Dsc_0056

                             とんがりが四阿山

Dsc_0047

Dsc_0066

                               木曽御岳山

Dsc_0059

ナナカマドの実は秋色に染まって来ました。

Dsc_0018

ゆっくり、ゆっくり

なんと8時間もかかりました。

珍しく筋肉痛は無かったのですが、温泉で足が攣りそこが痛い・・・

秋に向け一歩前進です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« 美ヶ原 焼山沢から | トップページ | 登山体力を知る »

信州発」カテゴリの記事

コメント

ittaさん、こんにちは

松本方面からの登山道は歩く人も多い様ですが、
このコースはあまり知られていない様です。
沢登りの女性のブログでしり、例の山歩き地図から
登山道を見つけて行ってきました。
足はかなり腫れましたが、快方に向かっている様です。

投稿: 岳 | 2015年9月17日 (木) 10時34分

美ヶ原にこんな素晴らしいルートがあったとは!!
一枚目の写真からもう引き込まれました。。
これはよいことを教えていただきました。
足も快方に向かわれているようで何よりです!

投稿: itta | 2015年9月16日 (水) 22時57分

tuba姐さん、こんばんは

山頂に着いても未だ雲海の上でした。
登山口付近は霧の中でしょうね。
とりあえず一歩を踏み出しましたが、暫くは筋力を付けて
北アの紅葉を訪ねてみたいと思っています。

投稿: 岳 | 2015年9月16日 (水) 19時00分

苔むした日本庭園かと思ったら、高度が上がるごとに風景が変わっていくコースですね。
カシミールでコース探しをして“焼山滝”見つけましたo(*^▽^*)o
秋の山歩き一座目、(*^ー゚)bヤッタね!!
雌滝・雄滝のマイナスイオンが脚の回復に効果あったのかな^m^♪
山頂の遮る物が無い景色、イイわぁ~lovely
2座目、岳さんのアンヨはどっちを向いていますかfoot

投稿: tuba姐 | 2015年9月16日 (水) 16時39分

ロンさん、おはようございます

ここの周辺には木も生えていないので、360度遮るものが無いんですョ!
その分風が強く、寒かったです。
やはり歩ける事は健康の基本でしょうね。

投稿: 岳 | 2015年9月16日 (水) 07時13分

安曇野さん、おはようございます

久しぶりにゆっくり、ゆっくり歩きました。
それでも、心臓が破けそうなくらいでしたね。
ここのアンテナは遠くからも見えますが、迫力がありますね!
放送局のアンテナは、アピール合戦の様でした。

投稿: 岳 | 2015年9月16日 (水) 07時08分

さすが~~~
素晴らしい光景、360度遮るものなし
それにしても難しい漢字いっぱい

御元気になられてよかったですね。三浦雄一さん並ですね

投稿: ロン | 2015年9月15日 (火) 21時59分

岳さん、こんばんは。

素晴らしい景色ですね。
往復8時間歩きながらのリハビリですか?
早く完治すると良いですね。

美ヶ原には電波塔基地でしょうか多いですね。

投稿: 安曇野 | 2015年9月15日 (火) 21時32分

風花さん、こんばんは

滝までは穏やかな登山道で順調でしたが、後半は2倍の時間を要しました。
もう止めよう。。時々ある事ですが、何度もそう思いましたね。
3日もすると忘れるか不思議です。 人間は忘れる足?
風花さんも早く回復される事を願っています。

投稿: 岳 | 2015年9月15日 (火) 20時25分

おキヨさん、こんばんは

360度、遮るものは何も無い。
これだけの展望は他には無いかもしれませんね。
私の着いた時間には、ご覧の様に色がありませんでした。
出来る事なら早朝がいいと思いました。今度は泊まりですね。

投稿: 岳 | 2015年9月15日 (火) 20時16分

回復途上というのにこの頑張り!
文面から推測すると標高差約千メートル。
これを往復8時間、ということになりますね。
足の状態を考慮すれば超敢闘賞ものです。
大方の人はこのような壁なら手前で引き返します。
私の方はステップ・バイ・ステップです。

投稿: 風花爺さん | 2015年9月15日 (火) 20時12分

マ―チャン、こんばんは

そうですね! 白糸の滝の様に静かな雰囲気のある滝でした。
足場は悪く、石が崩れて大変でした。
良くある事ですが、時間ばかり過ぎて進まない・・・
最後は三歩進んで一休みです。

投稿: 岳 | 2015年9月15日 (火) 20時09分

マイペースさん、こんばんは

時間がかかったのは、距離は進まないのに時間だけが過ぎ去った?
早い話が、立ち止まっていた時間が多かったと云う事ですね。coldsweats01
山歩きも少し間を置くと、必ず次は止めようかな・・・
その繰り返しです。

投稿: 岳 | 2015年9月15日 (火) 20時04分

てくてくねこさん、こんばんは

久しぶりの天空を味わいました。
雨上がりでもあり、兎に角水音が大きかったです。
牛や鹿、ヤマドリにニョロニョロなどの生き物にも沢山お会いしました。
まぁ、時間はただ歩くのが遅かっただけです・・・(^_^;)

投稿: 岳 | 2015年9月15日 (火) 19時59分

雌滝の繊細な美しさ雄滝の勇壮な流れ、苦労して登ったご褒美が
待ち受けていましたねshine山に魅せられる方々のお気持ち納得!
頂上から眺める名だたる山々。それぞれの存在感には甲乙つけがたいですね。。。

投稿: おキヨ | 2015年9月15日 (火) 12時06分

女滝は白糸の滝に似てますね。
それにしても良く歩きましたね。
お蔭で、山の景色を私も楽しめました。!!!

投稿: マーチャン | 2015年9月15日 (火) 09時09分

おはようございます
爽やかな秋の香りがいっぱいのブログに目が点・・・@@!
ナント、8、ハチ?じ・か・ん?((゚m゚;)スゴッ!
ありゃりゃ、よりによってたった30分でへこたれた友人との散歩話の私の記事とは天と地の差...(*/∇\*)ハズカシ
山を愛する人はどんなことをしてでも絶景に会いに行くのですね。見上げたもんだよ(@m@;)
それだけ、足も頑張れるようになって良くなってるって事ですね、良かったです(*^_^*)
これから、秋も深まり紅葉の季節、、岳さんの山岳風景を楽しみにしています。(*^-゜)v Thanks!!

投稿: マイペース | 2015年9月15日 (火) 08時41分

おはようございます

天上が抜けたような美ヶ原満喫されたようですね
8時間も歩かれたんですか
先が見えましたね・・・
それにしても水量が多くて大変でしたね。

山はいいなー

投稿: てくてくねこ | 2015年9月15日 (火) 07時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566561/62271117

この記事へのトラックバック一覧です: 知られざる滝 焼山滝:

« 美ヶ原 焼山沢から | トップページ | 登山体力を知る »