« モンベルOPEN | トップページ | 春を探して »

2015年3月28日 (土)

早春賦の里はワサビの里でもあった

春は名のみの 風の寒さや ♪

Photo

こんばんは

風も無く暖かい日が続きましたね。happy01

常念岳を望む安曇野、ワサビ畑が広がるここ早春賦の里では、桜の蕾も膨らみ

近い春を待ちわびている様でした。

Dsc_0010

ここからの展望は、常念岳を中心に常念山脈

大滝山、蝶ヶ岳から大天井岳を経て燕岳に連なります。

Dsc_0013

連なる山脈は後立山連邦、爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳から白馬三山まで一望です。

Dsc_0016

黄色い花は

Dsc_0018

赤い花は梅です。

Dsc_0014

桜の蕾も膨らんで来ました。

その後方、土手の下の緑がかったのはワサビ畑です。

Dsc_0023

畑で作業をしていたおっちゃん!

今が花の時期ですか?

などとお話していましたら、もう終わりだから「ハイ、どうぞ!」 と

1427516369209

いっぱい いただきました!! happy01

大好きなんですよね~!

特別提供レシピrestaurant
1、食べやすい長さに切る。
2、砂糖、塩を加えて揉み、熱い湯をかけ、湯は捨てる。
3、再度、塩、砂糖をまぶして、湯をかけタッパ等で密封
長時間置くほど、辛みが増します。

1427528012557

これが旨い!

お馴染みカス漬けの「ワサビ漬」より旨いかも?

早春賦の里、祭りは4月29日です。

信州にいらっしゃ~い m(__)m 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« モンベルOPEN | トップページ | 春を探して »

信州発」カテゴリの記事

コメント

ロンさん、おはようございます


スンキ漬け手に入りましたか! 
私も今年初めて食しましたが、美味しかったです。
寒さに強いワサビは北海道にも有るのでしょうね?

投稿: 岳 | 2015年3月31日 (火) 08時38分

tuba姐さん、おはようございます

素人にはあの辛さが中々難しいですが、手順さえ間違えなければ大丈夫です!
新潟の新発田には芋まで農協系で販売されている「山海漬け」があります。
200円位ですが、これも旨い!

投稿: 岳 | 2015年3月31日 (火) 08時35分

風花さん、おはようございます

今年は例年になく雪が多く、白馬の里には1メートルもの残雪があります。流石に安曇野には雪が無く、ワサビの花も散りかけていました。ワサビ畑は大王でなく、近所の農家だそうです。信州には著名な作詞家が居ますが、この詩の作者は知りませんでした。

投稿: 岳 | 2015年3月31日 (火) 08時30分

ワサビずけおいしそうですね
前にご紹介いただいたスンキ漬けネットでとっていただいてますが
長く置いても全然味が変わらず、ますます癖になりそう~~~coldsweats01

投稿: ロン | 2015年3月30日 (月) 19時24分

ワサビ漬け大ぁ~ぃ好きですdelicious
岳シェフのレシピφ(・ω・ )メモメモ
ツゥーンと鼻を通過する春の香り…
信州にも春が来ましたねぇーbud

投稿: tuba姐 | 2015年3月30日 (月) 12時40分

東京は昨日、桜が満開になったのですが、安曇野はまだ「早春譜」の世界なんですね。
この山葵畑は大王園ですか?
早春譜の作詞者・吉丸一昌の孫、昌昭さんは大町南高(現大町高)に入学したときに渡された校歌をみて、それが祖父の作詞であることを初めて知りビックリしたそうです。
大分県で生まれ、東京で教鞭をとり、43歳で亡くなった吉丸はいつこの安曇野の情景を見たのでしょうか・・・
黄色い花はサンシュユかダンコウバイか・・・
このほかにもアブラチャン、ミズキ、マンサクなど早春に咲く花の色は何故か黄色が多くて、識別に悩みますね。

投稿: 風花爺さん | 2015年3月30日 (月) 07時09分

安曇野さん、こんばんは

これからは晩酌のつまみが増えてきますが、
今はふき味噌、せっせいしてもご飯が進みます。
これからは花三昧、追いかけますよ~~

投稿: 岳 | 2015年3月29日 (日) 21時51分

こんばんは。

美味しい晩酌のつまみですね。

奥多摩に行くと良くもらってきて家でも頂きますが
家ではアルコールは無いので晩飯のおかずです。
これからの信州の景色は山の雪が解け始め里は沢山の花が咲き最高の季にiなり良いですね。

投稿: 安曇野 | 2015年3月29日 (日) 20時31分

おキヨさん、こんにちは

余りの晴天に自分だけ楽しむにはもったいない!
そんな天気が続いています。
身体にも胃にも刺激物は良くない事は間違いありませんが、つい、刺激を求めて?
春先の黄色い花、サンシュユ、マンサク、ダンコウバイなど区別がつきません。coldsweats01

投稿: 岳 | 2015年3月29日 (日) 12時23分

マイペースさん、こんにちは

安曇野はアルプスの伏流水が豊富に流れていて、昔から
ワサビの栽培やニジマスの養殖などが盛んに行われています。
早春賦の里、安曇野市は景観重視で、宣伝の看板が無いんですョ!

投稿: 岳 | 2015年3月29日 (日) 12時15分

手招きされているような・・・ヽ(^o^)丿

胃病患者には禁物なわさび漬け。私は元々〇〇漬けというのはすべてダメですけどね(~_~;)
黄色の花は〔♪庭のさんしゅゆの~き~〕のさんしゅゆではありませんか?

投稿: おキヨ | 2015年3月29日 (日) 12時01分

こんばんは、
早春賦のモデルは信州の安曇野だったとか・・?
風景のイメージがピッタンコですがわさびの里でもあったとは知らんかったわ,(゚0゚*)ホ--ッッ!!。
梅の花にみつばちの写真、、、グッドタイミング~
見事なわさび畑は凄い!、、、さすがですね、
朝ドラの「おひさま」にもわさび畑が登場してたのを思い出しました。

投稿: マイペース | 2015年3月28日 (土) 23時42分

旅の駱駝さん、こんばんは

毎年の事ですが、遅い春、それだけ待ちわびる人も感慨深いでしょうね。
楽しみも、気持も高揚する季節は、知らない人には味わえないと思います。
そんな中で生きている事に感謝ですね。

投稿: 岳 | 2015年3月28日 (土) 22時35分

こんばんは
信州にも遅い春が来ましたね。
わさび、おいしそう。信州はやっぱりいいね。

投稿: 旅の駱駝 | 2015年3月28日 (土) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566561/61350957

この記事へのトラックバック一覧です: 早春賦の里はワサビの里でもあった:

« モンベルOPEN | トップページ | 春を探して »