« 笠岳 熊の湯ルート | トップページ | 川中島の戦い »

2014年8月22日 (金)

花と蝶

Dsc_0030_3

                                                  クリック!

花が女か 男が蝶か~♪

蝶のくちづけ うけながら

花が散る時 蝶が死ぬ~~~

そんな恋する 女になりたい♪

46年ほど前に森進一さんが歌った歌ですがご存知ですか?bleah

 

きれいな花には蝶ですね。

花は綺麗で無くても蝶は魅力的ですlovely

こんにちは

アサギマダラ追っかけの岳です

Dsc_0108

この蝶、アサギマダラが好む花は「フジバカマ」

熊の湯スキー場のゲレンデには、ヤナギランやアザミの群落がありました。無数のアサギマダラが飛び交い、体力を蓄え渡りに備えているのでしょうか?大町市の中綱湖周辺にも沢山のアサギマダラが飛来しますが、志賀にも優雅に飛び交っていました。

Dsc_0098

この黄色の花もお気に入りの様でした。

Dsc_0112

アザミにはソエモンチョウ「ヒョウモンチョウ」

Dsc_0116

                           「クジャクチョウ」

Dsc_0133

すごく綺麗な花でしたが名前が判りません…


金スマで久しぶりにtoshi(X JAPAN)の歌声聴きました。

Grp_0000_2

          愚息と…

しかし、毎日暑すぎますね
残暑お見舞い申し上げます m(_ _)m

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« 笠岳 熊の湯ルート | トップページ | 川中島の戦い »

信州発」カテゴリの記事

コメント

ゆうさん

若いんですョ~ happy01
体力は無いけど…
信州は山ばっかりですから、この景色を見て
育ったら、一生瞼から消えないと思います。
願いは一つ、晴れて欲しいですm(_ _)m

投稿: 岳 | 2014年8月25日 (月) 20時52分

岳さ~ん 恥ずかしいcoldsweats01
私てっきり岳さんと息子さんかと思ってしまったcoldsweats01

息子さんと本物のTOSHIだったんですね
岳さん若いなぁって感心してた私(笑)

ところで岳さん、私は岳さんの写真が大好きなんです♪
岳さんの切り取る長野の風景を見ていると
地元に帰りたくなります。。。

投稿: ゆう | 2014年8月25日 (月) 10時52分

ゆうさん、こんにちは

写真はゆうさんには敵いませんよ~
下手な横好き、自己流ですからね。
写真はTOSHIさんが息子の職場に来た時に
一緒に撮ったんだそうです。
似ているのでは無く、ご本人ですよ。

投稿: 岳 | 2014年8月24日 (日) 12時17分

ittaさん、こんにちは

アサギマダラは朝の涼しい時は、上空をふわりふわりと舞っています。
大型の蝶なので、特に優雅に見えますね。
基本的に標高の高いところに居るそうですので、
南下していくこれからが期待ですね。

投稿: 岳 | 2014年8月24日 (日) 12時08分

賢パパ、こんにちは

志賀高原のゲレンデにフジバカマの群落があり、
そこには様々な種類の蝶がいました。
信濃大町にはフジバカマを育てている人が居て、
そこにも沢山のアサギマダラがいますよ。

投稿: 岳 | 2014年8月24日 (日) 12時02分

岳さん 写真鮮やかで綺麗ですね♪
腕がドンドン上がってる(o^-^o)

最後の写真は岳さんと息子さんなのですか?
岳さん若いhappy01
でもなんでtoshiと写っているんだろうと・・・
TOSHIって私の地元千葉の館山のはずなのに・・・同じ中学の1歳下だったんです

よく似ててびっくりしました!

投稿: ゆう | 2014年8月24日 (日) 10時14分

たくさんの蝶がいるんですね。
これだけ撮るのは、なかなか大変ではないでしょうか。。

アサギマダラ、、姿もさることながら、あのふわふわとした飛び方が本当に優雅ですよね。

今年はまだお目にかかれていません。
う~ん、、なんとか会いたいです。

投稿: itta | 2014年8月24日 (日) 08時16分

はははっ、タイトル見ていきなり歌の歌詞が頭に浮かんだ賢パパであります。
私もアサギマダラが大好きで野の花を見る時はいつもヒヨドリバナやフジバカマを探してしまいますよ~。
今年は富士山の麓にあるヒヨドリバナのお花畑を訪れた日が盛りを過ぎたいたのでほんのちょっとしかお目にかかることが出来ませんでした。
来年は絶対にチャンスを逃さないよう行って来ます。

投稿: アサギマダラ大好きの賢パパ | 2014年8月24日 (日) 06時41分

風花さん 、こんばんは

20代前半に新宿の王城付近でキャッチの洗礼を受け、以来街から退散、山に方向転換しましたね… 愚息は日経の人事異動欄に載った年齢を競っていた様ですが、やはり背中は見ていた様です。

投稿: 岳 | 2014年8月23日 (土) 21時15分

東京にもカブキチョウとかマルヤマチョウなどという怪しげな「チョウ」が棲息しています。
私は君子?なので近寄りませんが、毒牙にやられた人は数知れず、です。
?の花、これではないかなと思い浮かぶ名もあるのですが、自信がないので書きません。
鳶が鷹を生む・・・ご免なさい。
兄弟に見えますよ!

投稿: 風花爺さん | 2014年8月23日 (土) 20時18分

ロンさん、こんばんは

そうなんです。あの模様の着物を作った時、
着こなせる女優は国生さゆりさん以外には居ない。
勝手にそう思っていますが、最近は着物を着る人が少なくなりました。

投稿: 岳 | 2014年8月23日 (土) 19時44分

昆虫や小鳥や花は
本当にきれいですね
追っかけですか、

フジバカマの似合う女優さん
国生さゆりさんて

昨年おっしゃってましたね。

月日の流れは速く もとの水にあらず。

投稿: ロン | 2014年8月23日 (土) 19時25分

マイペースさん、こんにちは

アサギマダラは二日で九州まで飛来すると言いますが、そんなパワーが何処にあるのか不思議ですね。愚息、優しい所だけが取りえ、お嫁さんの言いなりですcoldsweats01

投稿: 岳 | 2014年8月23日 (土) 16時32分

おキヨさん、こんにちは

おキヨさんは蝶がだめでしたね!私はその前の段階が怖いんです。山には様々な花が生息する為か、蝶の種類も多いです。生きている作品は愚作で、今も親を必要とします。

投稿: 岳 | 2014年8月23日 (土) 16時25分

( ^ω^)おっおっおっ
見事に綺麗な「花と蝶」ですね
私もタイトル見ただけで森進一さんのこの歌をチョウしっぱずれの声で歌ってました(;^ω^)
アサギマダラの追っかけなんですか?
さすがにチョウ綺麗です(°0°)!!
息子さん、岳さん似ですか?優しそう(*´∀`*)

投稿: マイペース | 2014年8月23日 (土) 16時17分

7月に行った小諸の露天風呂にもこのような蝶たちが出入り自由でした。(汗・・・当人蝶が苦手)
苦手とはいっても、動く宝石はたしか。自然界の美術品ですね。


画像の美青年は岳さんの芸術作品ですねgood

投稿: おキヨ | 2014年8月23日 (土) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566561/60182321

この記事へのトラックバック一覧です: 花と蝶:

« 笠岳 熊の湯ルート | トップページ | 川中島の戦い »