« 映画 春を背負って | トップページ | 無届登山に罰金 »

2014年6月 7日 (土)

喜多郎、約束の北アルプスへ

こんばんは

梅雨宣言にも関わらず、一滴の雨も降らない北信州です

それでも今日はテンションが上がっている岳です。happy01

やりました~happy01

待ちに待った「喜多郎公演」が決まったのです!

日本初公開とは?

「喜多郎 シンフォニック・ワールド・ツアー in 信濃大町」

Kitaro11_2

                     ポスター オフィス・マユ 

http://office-mayu.net/events/Kitaro2014.html

日本初公開!

グラミー賞を受賞した「シンキングオブユー」や「シルクロード」

初めてオーケストラとの共演は楽しみです。

前回のコンサートで、

「ここは僕の地元、僕を育ててくれた場所」です。

   来年の雪融けの頃に又来たい、そう言っていましたが

   そこは流石に世界の喜多郎です

   一年遅れはしましたが無理は承知で待っていましたよ!

喜多郎が言う地元とは?

彼の有名な「シルクロード」

壮大な50万キロの旅を放映したNHK特集

その音楽を担当した喜太郎の音楽、制作拠点となった山村

人口1000人をわずかに超える「八坂村」は、大町市などとは

また違った生の田舎と言えるのではないでしょうか。

北アルプスの眺望の素晴らしい「鷹狩山」も八坂村です。

喜太郎はこの八坂村でもコンサートを開いています。

Poster11

しかし、覚えていてくれたのです!

アメリカは西部、こころ通じるインディアンの地で生活、

彼の原風景はここ信州でも、おひさまの舞台や、国宝の

仁科明神宮などでは無く、山村の田舎のお祭りにありました。

前回のコンサートについては拙ブログで紹介しましたが、

世界の喜多郎に、信州の山奥に再三に渡って来ていただく

全国の喜多郎ファンには申し訳ないくらいですm(_ _)m

入場券は満席次第締め切りと言いますので、 

   チケットはお早めに!

前回は名古屋ナンバーの車が多くビックリでした!

実は喜多郎の出身地は愛知県なんです。

熱烈なファンは、北アルプスの里まで押し寄せて来ます。


エッ、岳んちで前夜祭をしたいって?

 いいですよ!happy01

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« 映画 春を背負って | トップページ | 無届登山に罰金 »

信州発」カテゴリの記事

コメント

おキヨさん、こんばんは

喜多郎の音楽には小鳥の囀りや、川のせせらぎが挿入されています。その様な音は、自然の中でスケッチをしている時と、同じ情景なのではないでしょうか? 喜多郎のコンサート、日本では一年に1~2回程度ですので、東京開催も難しいのかもしれません。

投稿: | 2014年6月 9日 (月) 19時32分

以前に気心の知れた仲間でデッサン会をしていた頃、喜太郎ファンの人がいて、デッサン中、喜太郎のテープが静かに流れていました。
普通静寂の中で行われる勉強会なのですが、これが少しも邪魔にならない。
空間と一体化するメロディーなのかもしれませんね。
私の地方でもコンサートをしてほしいものです。

投稿: おキヨ | 2014年6月 9日 (月) 12時21分

ロンさん、こんばんは

喜多朗の音楽は二胡にも合うでしょうね。
バイオリン、パーカッションの和太鼓、笛など
魅力的な音色を楽しみました。
そこには、いつも感動がありました!

投稿: | 2014年6月 8日 (日) 20時25分

風花さん 、こんばんは

喜多朗との出会いはシルクロード。当時ウオークマンで聴く鬼多朗は特別でしたので、聴く機会も多かったですね。姫神も館林出身の宗次郎も、こころは自然に中にある。そんな共通点がありますね。

投稿: | 2014年6月 8日 (日) 20時22分

幾多郎さんはなんとなく知っていましたが
こんなに素晴らしい方だとは知りませんでした

改めてネットで拝見
四国のお寺の鐘をすべてとか、グラミーとか

遅れています。情報が
シルクロード、二胡でも習いましたが~~~

投稿: ロン | 2014年6月 8日 (日) 16時52分

喜多郎については「シルクロード」のテーマくらいの知識しかありません。
同じシンセサイザーの「姫神」は何枚かのCDもあり、大分以前ですが「毛越寺」での篝火コンサートを聴きにでかけたこともあります。
それにしても喜多郎といい、姫神といい、活動の拠点を地方に置く、そのスタンスがいいですね。

投稿: 風花爺さん | 2014年6月 8日 (日) 13時34分

マイペースさん、こんにちは

今回の共演は、モーツアルトの曲を全て
演奏すると言うオーケストラです。
前回のパーカッションとバイオリンのコラボ
これも良かったですが、今回は特に楽しみです。

投稿: | 2014年6月 8日 (日) 12時35分

覚えています、以前にも喜多郎さんの記事がありましたね。
喜多郎のコンサートは昔NHKホールで見ましたがダイナミックでしたね・・
海外の奥地に住んで音楽作りをされてる情報は何となくありましたが再び日本の信州でコンサートとは楽しみですね・・
因みに姫神は私の故郷岩手の奥地に住んで音楽活動を長年されています。
シンセサイザーとパーカッションの奏者で喜多郎と通じるものを感じます。

投稿: マイペース | 2014年6月 8日 (日) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566561/59765063

この記事へのトラックバック一覧です: 喜多郎、約束の北アルプスへ:

« 映画 春を背負って | トップページ | 無届登山に罰金 »