« 穂高岳山荘から | トップページ | 遠見尾根と五竜岳 »

2014年3月27日 (木)

雪割草

ユキワリソウ

基本的に花の名はカタカナ表示とされていますが、

     「雪割草」

 漢字も花同様、雰囲気がありますね。

1936_3

                             クリック!

今年も逢う事が出来ましたlovely

関東甲信越でも信州に生息するとの報告は無く、

 全国的にも準絶滅危惧種と言われてます。

古くから新潟の角田山など、一部で見る事が出来るとは

聞いていましたが、知られる事で盗掘され絶えてしまう。・

そんな事から、生息地域は限られています。

Dsc_0024_2

                             だんらん

Dsc_0021_2

                                                                          自由

Dsc_0010_2

                                 自己主張

Dsc_0022

                                自然体

こんな可憐な、美しい春の妖精とも言える山野草

 沢山の方に見ていただきたいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« 穂高岳山荘から | トップページ | 遠見尾根と五竜岳 »

信州発」カテゴリの記事

コメント

風花さん 、こんばんは

そうですね、ユキワリソウと言えば角田山。ブログ仲間で3人の方が、様々な花を写真で紹介してくれました。すぐにでも行きたい気持です。

投稿: | 2014年3月28日 (金) 20時52分

おキヨさん、こんばんは

鏡の裏から見えていましたよhappy01
この花はピンクが少し入っている様です。
大事に育てている場所には、華やか、そして鮮やか
そんな種類がある様ですよ。

投稿: | 2014年3月28日 (金) 20時49分

マイペースさん、こんばんは

この花は貴重な花になりました。
なかなか人の手では育たない様ですが、
やはり生まれ育った場所には毎年元気な姿があります。

投稿: | 2014年3月28日 (金) 20時45分

ユキワリソウとくれば反射的に「角田山」を思い浮かべますが、この新潟の低山を私は未だ訪ねていません。
この花は実に千変万化で、多彩な変種が生まれますね。
私も山荘で露地と鉢植えで栽培しているのですが、とても気難しいようです。
露地植では数年で途絶えてしまい、鉢植ではもう少し長生きしますが、いじけてきて生彩が失せてしまいます。
「やはり野におけレンゲ草」なのでしょうか・・・。

投稿: 風花爺さん | 2014年3月28日 (金) 15時37分

まぁ清楚ですこと。。。
鏡を見ているような・・・(・_・)エッ....?
昔、詩や小説でよくお目にかかった雪割草という名も懐かしい。。。heart01
こうしてみると純白ではないようですね。

投稿: おキヨ | 2014年3月28日 (金) 11時26分

うわあ・可憐で美人さんですね
生息地限定の貴重なお花なんですね・・
雪割草とはお名前まで美しい
私にはとても見る機会のないお花です。
一枚くださいね・・・(*^ω^*)ノ彡

投稿: マイペース | 2014年3月28日 (金) 09時24分

てくてくねこさん、こんばんは

悔しいですね~
今年こそとは思っていたのですが…

でも、角田山の写真は完璧です!
6~7年前に撮った写真と、この素材はいい勝負です
ユキワリソウをしっかりアピールしています。

投稿: | 2014年3月27日 (木) 22時11分

ロンさん、こんばんは

花の表情がそんな風に見えました。
ここは人知れず咲いている原生地でしょうね…
この花は交配でどんどん変わって行くのですが、
ここには一種だけなんです。
無垢のままです。

投稿: | 2014年3月27日 (木) 22時05分

あら、浮気しているあいだに
先越されましたね

早速行かなくちゃ

投稿: てくてくねこ | 2014年3月27日 (木) 21時26分

春一番に咲く、
いろいろな名前が付いているようですが、ご自分で?
いろんな色が出ていますが園芸種、こんな色は元種でしょうか可憐ですね

投稿: ロン | 2014年3月27日 (木) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566561/59359999

この記事へのトラックバック一覧です: 雪割草:

« 穂高岳山荘から | トップページ | 遠見尾根と五竜岳 »