« 地酒、燗を楽しむ | トップページ | サギ集団! »

2013年12月 8日 (日)

秋の終り、哀愁

師走、今日も周辺の里山に積雪がありました。

これが三回目になると市内の平野部にも積雪があります。

先人の教えには深い英知が生きています。 ヾ(´ε`*)ゝ

      shine

秋の終りには

何故か もの哀しく…

故郷のこんな風景にも哀愁を感じます。

こんな時は「ブラームスのピアノ協奏曲第2番」が良いなどと・・・

Photo

やがて降る雪は、この落葉をも覆い尽くし、

  白銀の世界となって、今年もリセットされてしまいます。

新年のご挨拶をご遠慮・・・

  エッ! 元同僚が二人も!

  そして弟が、妹が ・・など、 今年は特に多いなぁ…

  今年は特に一抹の寂しさを感じる秋の終りです

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ   ←eye よろしく哀愁♪(GOひろみ)happy01

にほんブログ村

|

« 地酒、燗を楽しむ | トップページ | サギ集団! »

信州発」カテゴリの記事

コメント

風花さん、こんにちは

生まれ育った田舎の風景は、いつも憧憬の的になっています。風花さんの広範な知識には驚きますが、専門的よりも広範な知識は、独創性があると言われています。遊び心もあり、どの様なお仕事をされてきたのか、大変興味があります。

投稿: | 2013年12月 9日 (月) 14時54分

滅びしものはなつかしきかな ~牧水
晩秋あるいは初冬の風情と廃屋とはよく合いますね。
主が絶えて久しい廃屋に、それでも柿は実り秋になれば色づき、葉を散らす、その死と生の物語がなんとも哀切です。
ブラームスの重厚で、哀愁にみちた音楽はそんな風景のBGMになりますね。
ブラームスがイタリアから帰国した直後に完成した「P協奏曲第二番」は彼にしては珍しくイタリア風の明るい曲調の傑作ですね。
私が良く聴く第一番のほうは、彼の若さによる未熟さはあるものの、暗い情熱と憂愁がひしひしと伝わってきます。

投稿: 風花爺さん | 2013年12月 9日 (月) 06時51分

安曇野さん、おはようございます。

意外ですが、ここまで雪は比較的少ないですね。
但し、新潟に近い白馬では1日に17センチなど
平地にも降っていますし、
岩岳にも1メートル以上の積雪があります。

投稿: | 2013年12月 9日 (月) 06時43分

こんばんは。

葉の無い柿の木落ち葉が多く実のみ
少々残ってわびしいですね。

先週末は雪が舞って積雪までは行かなかったようです。
大町周辺情報です。

投稿: 安曇野 | 2013年12月 8日 (日) 22時49分

マイペースさん、こんばんは

里の秋、ズバリですね。
ワラ屋根も無くなって来ましたし、田舎らしい風景も少ないです。
残り柿は田舎の風景に似合います。

投稿: | 2013年12月 8日 (日) 21時03分

(*´σー`)ふむふむ、
芸術の秋らしいブログですね
平凡な私は「里の秋」を口ずさみたくなります♪
田舎の風景をそのまま切り取ったような絵画のようで素晴スイ(*´ェ`*)
( ´艸`)ムププよろしく哀愁♪(GOひろみ)を出すあたり私よりお若いのですね、、当たり前か(;^ω^)

投稿: マイペース | 2013年12月 8日 (日) 20時15分

ロンさん、こんにちは

ブラームスは受け売りです (^_^;)
亡くなった元同僚は63歳と72歳。その他にも
妹がとか…若い人でショックですね。
元気で長生きげ理想ですが。。。

投稿: | 2013年12月 8日 (日) 15時14分

おキヨさん、こんにちは

田舎には良くある風景ですが、何か郷愁を感じます。過疎の集落では柿も収穫されないで残っているのが普通になっています。ブラームスはcoldsweats01

投稿: | 2013年12月 8日 (日) 15時07分

ブラームス~~~~~もしかして岳様
すごい芸術家だったりして

訃報は本当に寂しい事です
今年は喪中はがき多いような気がしていました

生かされていることに感謝

投稿: ロン | 2013年12月 8日 (日) 14時06分

今日は詩人の岳さんですね。。。

残り柿とブラームス・・・う~ん、画像も一段と格調高いものとなりますね。。。
あとで〔ブラームスピアノ協奏曲2番〕を聴いて、聞いたことのある曲だったら幸いですcoldsweats01

投稿: おキヨ | 2013年12月 8日 (日) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566561/58587502

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の終り、哀愁:

« 地酒、燗を楽しむ | トップページ | サギ集団! »