« 大人になると何故一年が短くなるのか | トップページ | サルスベリの丘 »

2013年8月20日 (火)

今年の山岳遭難

こんにちは

猛暑は今週いっぱいでしょうか?

今日は晴れの予報でしたが、しっかり降りましたrain

   週末の天気予報は雨模様ですが、果たして?

昨年の夏山は117件の遭難が発生し、109人が負傷、9名が亡くなっています。

Photo_2

                                                          写真は宝剣岳

過去最悪の状況でしたが、今年は天候が悪く入山者は少なめだった様です。

長野県山岳遭難防止対策協会の特別隊員に任命されたこの方、

    島崎三歩さん効果はあったのでしょうか?

また山においでよ! と言っています。

00top1_2

                    県警夏山情報のポスター

昨日19日、長野県警から今年の山岳遭難情報が発表されました。

それによりますと、年初から通算で180件と昨年を更に上回っています。

特に死亡事故は昨年の1.4倍、40人と驚く数字になっていますが、

 要因は春先からGWにかけての大雪、滑落事故が多発しました。

更に夏山でも滑落により亡くなられた方が目立ちました。

その他に最近は、若い登山者の事故が増え、60代以上では減少している。

そんな結果も顕著に現れています。

詳細は以下、長野県警HP

http://www.pref.nagano.lg.jp/police/sangaku/toukei/shuho.htm

山岳遭難発生状況(平成25年1月1日~8月18日)

山岳遭難発生状況
区分 発生件数 死者 行方不明 負傷者 無事救出等 遭難者計
平成25年 180 40 6 96 56 198
平成24年 151 28 4 96 44 172
前年比 29 12 2 0 12 26

▲ページ上部へ

山域別発生状況
区分 件数 件数比率 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計



槍穂高 45 25.0% 8 1 27 15 51
後立山 42 23.3% 10 0 19 19 48
その他 20 11.1% 0 2 13 6 21
小計 107 59.4% 18 3 59 40 120
中央アルプス 16 8.9% 8 1 7 2 18
南アルプス 6 3.3% 2 1 3 0 6
八ヶ岳連峰 18 10.0% 4 0 14 3 21
その他の山岳 33 18.3% 8 1 13 11 33
180 40 6 96 53 198

                                                            (一部抜粋)

槍、西穂高、北穂、奥穂と穂高連峰での滑落による死亡事故、

中央アルプスでは韓国の方の他にも滑落事故が起きました。

南アルプスでも同様な事故が起きています。

蝶ヶ岳や徳本峠付近でも行方不明者があり、未だ生還していません。

今年の夏山は、ほとんど雨や霧の天候でしたが

    岩場の多いアルプス、間違いなく滑りますeye

    お気をつけて!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« 大人になると何故一年が短くなるのか | トップページ | サルスベリの丘 »

信州発」カテゴリの記事

コメント

安曇野さん、こんばんは

今年はほとんど雲の中です。
下から見て晴れたら行こう!と考えているうちに
夏は終わりそうです。秋に期待ですね。

投稿: | 2013年8月22日 (木) 21時34分

岳さん、こんにちは。

今年の山の天候は異常のようです。

唐松岳の支配人も行っていました。
やっと登ったのに視界ゼロです。
次回は・・・・晴れ?。

投稿: 安曇野 | 2013年8月22日 (木) 16時37分

ロンさん、こんばんは

ロンさんは大雪山系を歩かれたのですね!
テントを背負って十勝岳くらいは行きたいですね。
でもいつもヘロヘロですからね~

投稿: | 2013年8月21日 (水) 21時01分

マイペースさん、こんばんは

そうなんですよ~
隣は大雨、その隣はカラカラで皆さん困っていらっしゃる。
話くらいスベラナイとやってられませんね~ happy01

投稿: | 2013年8月21日 (水) 20時58分

風花さん 、こんばんは

山好きは皆さんその様に考えておられるのでしょうね。理由を考えて行かない人は、別に山などに行きたい気持は持ち合わせていないと思います。あの様な辛い思いをしてまで登る人にその理由を聞く方がヤボでしょう。

投稿: | 2013年8月21日 (水) 20時49分

おキヨさん、こんばんは

今年は鹿島槍岳が見えたのは7月に2日だけで、平地は雨も降らず猛暑。こんな事は初めてですよ。いかに異常気象かですね。自分は大丈夫とみんな思っているでしょうね…

投稿: | 2013年8月21日 (水) 20時42分

賢パパ、こんばんは

それぞれ思いは違いますが、黒戸尾根の日帰りなどとても無理。
富士山も一回でヘロヘロでしたからね~
事故は何処でも起きますので、経験を生かして登りましょう。

投稿: | 2013年8月21日 (水) 20時36分

てくてくねこさん、こんばんは

以下同文、気持は一緒ですね~
若い頃はひたすら歩き、制覇が目標でしたが、
今は景色や感動に、こころが癒されます。
今年は怪我もあり、回数はいつもの三分の一。
秋の紅葉狙いです。

投稿: | 2013年8月21日 (水) 20時31分

登山らしい登山はしていませんが
黒岳の最後の岩はトテモ辛かった。

60代の始めです。
散歩は好きでかなり平坦な道は歩けますが
登山山はもうムリ、お話、写真は大好きです。

投稿: ロン | 2013年8月21日 (水) 19時38分

!!(゚ロ゚屮)屮写真を見ただけでおっかねえ~
こちらは今週は不安定なお天気だそうで昨日も今日も夜になって土砂降りになったりしています。
猛暑もあと一息でしょうか・・・
山には登らないので滑った事有りませんが話ではいつも滑ってます(;一_一)。。。

投稿: マイペース | 2013年8月21日 (水) 19時14分

昨年の交通事故による死者が4411人だそうです。
絶対数の比較では道路の方が危険性が高いように見えます。
しかし、年間運転者数と登山者数からの割合でみると、正確な母数が分からないので単なるカンですが、登山の危険性はやはりかなり高いのではないでしょうか。
誰も山登りしなくなれば山での遭難はゼロになる理屈になります。
だからといって人が遭遇する事故死がゼロになるわけではありません。
交通事故以外にも海や川、天災、火災、家の中など私たちはいつも危険と隣り合わせで生きています。
従って、山に行かないからといって事故死を避けられる保証はありませんね。
と、いうような次第でやはり私は山登りにでかけます。

投稿: 風花爺さん | 2013年8月21日 (水) 11時59分

今年は特に山岳の雪が多く、天候も安定しないので、私のような素人でさえ山岳遭難の多発したのはわかるような気がします。それでも登山者はどこかで自分だけは・・・と思ってはいないでしょうか。。。?

登山した人数だけ無事に帰ってくれるのが理想ですね。

投稿: おキヨ | 2013年8月21日 (水) 11時52分

高所恐怖症のおいらですから・・・滑落するような所にはとてもとても足が向きませんですわ。
近場の低山と富士山の麓歩きを楽しんで行きますので・・・

投稿: 賢パパ | 2013年8月21日 (水) 03時34分

ほんとうに年齢とともに衰えを感じますが、
心はどんどん上に向かっています。

少しでも若いうちにあちこちしたいのに
足は正直だし!!!

ツレは「誰も遭難するつもりで登山してないんだから」
と いつも心配しています。

でもまた山に行っちゃうんです。

投稿: てくてくねこ | 2013年8月20日 (火) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566561/58027275

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の山岳遭難:

« 大人になると何故一年が短くなるのか | トップページ | サルスベリの丘 »