« 雪山遭難の事例 | トップページ | 中部横断自動車道 »

2012年1月 6日 (金)

善光寺参り

今日は小寒(しょうかん)、

   次は大寒、そして次は立春、

     暖かい春はもうすぐ先に控えていますね~

初詣はどちらに行かれましたでしょうか?

お家に居られた方の為に、善光寺をご用意しましたよ!

     山に行っていた皆さん

          

           どうぞご参拝下さい!

Photo_4

(法然さまは、悪い事をした人も「南無阿弥陀仏」を唱えるだけで成仏出来ると。。)

Zen

今朝はしっかり冷えてました。最低気温は氷点下8度の信州です。

penguin

こんばんは

happy01

岳は2月産、寒さはまったく気になりません!

小寒は二十四節気の第23。現在広まっている定気法では太陽黄経が

285度のときで1月5日ごろ暦でそれが起こる日。

天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から1/24年(約15.22日)

後で1月6日ごろである。(WIKより)

どちらでも1月6日で大当たり~notes

そう言えば、年末ジャンボも小当り~でした。

   (300円じゃ~ありませんけど、教えませんよ~(´,_ゝ`)プッ)

定気法(ていきほう)とは、二十四節気を配置する方法の一つである。

平気法のように1太陽年の時間を平均して節気を求めるのではなく、

太陽の天球上の通り道である黄道と天の赤道の交点すなわち春分点を

基点として24等分し、こうして導き出された15°ごとの黄経上の特定の

度を太陽が通過する日に節気(正節)と中気を交互に配していく。

このため空間分割法とも呼ぶ。現在、中気は黄経30°の倍数、正節は

それに15°足したものとされている。

今年は里に雪が少なく、善光寺参りをされる方も、

        訪れる人も、例年より多かった信州です。

 Photo_3

  2月には恒例の「灯明まつり」があり、善光寺がライトアップされ、

  雪が降っても、降らなくても幻想的になります。

  2_3 

    (これは昨年の写真、今年は札幌の雪祭りを止めて。。。)

適度に雪があり、善光寺を取り巻く里山、今も美しい信州です。

Photo_2

明日は雪、あさっては晴れ、これを繰り返すと

雪が締まって里山もアイゼンで直登、歩きやすくなります。

   「堂津岳」などは雪のある時だけ登山可能の期間限定の里山なんですね~。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村     クリクリクリ~ック!

人気ブログランキングへ

|

« 雪山遭難の事例 | トップページ | 中部横断自動車道 »

信州発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566561/53672243

この記事へのトラックバック一覧です: 善光寺参り:

« 雪山遭難の事例 | トップページ | 中部横断自動車道 »