« 鹿島槍で落雷 | トップページ | 遭難続く北ア、死亡確認は8人 »

2011年5月 3日 (火)

県内山岳で遭難死続発

黄砂で里山も見えない信州からの発信です。

折角来たのだから・・・

    まだ大丈夫!

       何とかなるだろう・・・

過信は禁物です。

今年は例年とは違います。

Photo 

県内山岳で遭難死続発過去5年で最多

53() の信濃毎日新聞です

 大型連休中の県内で山岳遭難が相次ぎ、4月29日から2日までの死者が計6人に上ったことが同日、県警地域課などのまとめで分かった。大型連休は3日からの後半を残しているが、過去5年間に連休の全期間を通じて死亡した登山者(最多は2006、09年の4人)を既に上回った。

 県内の山岳遭難は2日までに14件発生。4月29日に北アルプス白馬岳(2932メートル)の白馬大雪渓で起きた雪崩で2人が死亡したほか、滑落などで30日に北ア・蝶ケ岳、八ケ岳連峰横岳で各1人、5月1日に北ア・槍ケ岳で1人、同2日に常念岳で1人がそれぞれ死亡した。

蝶ヶ岳ヒュッテは4月25日から営業開始をした様です。

穂高を見に行きたいのは山々ですが・・・

Photo_2

蝶ヶ岳ヒュッテからはこんなコメントです。

登山道に関して、427日時点で、どのルートとも入山者は居りません。

悪天候が続いており、スタッフも確認出来ていない状況です。

マーキングは例年通りですが、積雪は、昨日まで雪が降ったり止んだりを繰り返していたこともあり、例年よりも多めです。

標高の高いところでは、新雪でワカンなどがあったほうが歩きやすいかもしれません。

三股からのルートに関しては、雪崩の危険があり、現時点では、お勧めはしていません。

三股ー蝶ヶ岳ルートをご利用のお客様は、ご注意下さい。

まだ季節は冬、雪の中なんですね。。

人気ブログランキングへ よろしくお願いします にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« 鹿島槍で落雷 | トップページ | 遭難続く北ア、死亡確認は8人 »

信州発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566561/51564165

この記事へのトラックバック一覧です: 県内山岳で遭難死続発:

« 鹿島槍で落雷 | トップページ | 遭難続く北ア、死亡確認は8人 »