« 50山一斉登山 | トップページ | 唐松岳 »

2011年5月20日 (金)

里山の「シカとクマ」

鹿と熊bomb

登山者も注意が必要ですよ!

「馬と鹿」だと。。。  ちょっと~   ですが・・・

どちらも増え続けていて、シカは高山植物や木、生態系に、クマは人に影響を及ぼしています。

Photo_5

 み~んなシカに皮を食べられ枯れています。(後方は八ヶ岳)

Hatibuse

 後立山から常念山脈

特に近年クマは、森の木の実などが少ないとの事で里への出没が頻発しています。

『シカ害』

増え続けるニホンジカ、山での被害が増大しています。

ニホンジカは南アルプス、伊那谷などが多いと言われますが、今の信州にはどこにでもおり、

中央本線では、しばしば「シカやクマ」との衝突事故が起きています。

昨年長野県内で捕獲されたニホンジカは約14,000頭ですが、推定の生息数は104,700頭と

い~っぱいいるんです。(資料引用:長野県環境保全研究所、長野県林務部森林整備課)

南アルプスの麓。中央自動車道 伊那ICから高遠を経由してパワースポットで評判の分抗峠へ向う。国道361号を長谷村方面へと走り、国道152号美和湖方面へ向かうと左側に、まるでスイスのアルプスに来たのかと思わせる様な、洋風外観の建物があります。道の駅「南アルプスむら長谷」です。

ここには美味しい「クロワッサン」があるようですが、売店にはシカのジンギスカン、猪のジンギスカンなどが販売されています。なかなかの美味でした。

Photo_4

   鉢伏山からの穂高連峰(吊り尾根は大キレットです)

Photo_3  南アルプス、真ん中が仙丈ヶ岳ですね  

長谷村はシカカツも名物とか??( 脂身がなく、ヘルシーvirgo  でもかなり固いです)

長野県のツキノワグマ保護管理計画における生息数調査によると、2007年の推定生息数は

1,8813,666頭(かなりの誤差ですが・・)で、年間捕獲数を規制していましたが、里に出没す

るケースが多く危険なため、補殺数も増えています。

槍ヶ岳槍平縦走路で学生二人が重軽傷した事故、大町市爺ケ岳で重傷などの例があります。

20099月の乗鞍岳畳平(標高2702㍍)で発生したオスグマの襲撃により9人の重軽傷者

を負ったニュースはご存知の方も多い事と思います。

鈴やカウベル、前の人に道を空けさせるだけでなく、クマに自分の存在を知らせる事にも使え

ますので、肝に命じておきましょうね!(そんな事知ってるって?)

クマに会いに信州へいらっしゃ~いbleah

Kuma

(私は髪の毛が逆立つ経験がございますので、ご遠慮申し上げます。 悪しからず )

人気ブログランキングへ

訪問ありがとうございます。

クリックお願いしますね~

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« 50山一斉登山 | トップページ | 唐松岳 »

信州発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566561/51723009

この記事へのトラックバック一覧です: 里山の「シカとクマ」:

« 50山一斉登山 | トップページ | 唐松岳 »